仕事の事典  》 第14章 社会  》 解説
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
社会‐1400 解説 BACKNEXT
解説  社会貢献のくふう 
 

■人が仕事をするのは、最初はお金のためかも知れません。そして、お金を稼ぐには、お客様に満足を提供しなければならず、お客様に満足を感じてもらうには、相手が何を求めているかを知らねばならず、それを理解するには世の中を知ることが必要です。

■世の中を知れば、1人ひとりは仕事を通じて互いにつながっていて、そこでどれだけの働きをしたかが、他の人びとからの自分の評価であり、それを高めるには、世の中に必要とされる仕事をすることで、その中でお金は単に手段にすぎないということが見えてきます。

■この章では、企業経営者や歴史上の人物がどのようにして、社会とのつながりを深め、その中での自分自身の価値を高めてきたかをまとめます。

■一部の人たちは、まだ若いころから、自分の人生を価値あるものに高める努力を始めています。例えば、豊田佐吉翁は少年時代から発明発見によって社会の役に立ちたいと考えていました。安田善次郎翁は13歳のときに御用金を持参した両替商の手代に、勘定奉行が丁重に頭を下げる様子を見て、自分も「千両分限者」になると心に決めて、江戸をめざしました。

■大きな困難に直面し、それを克服する中で自分の使命を発見した人たちもすくなくありません。例えば、クボタの創業者、大出権四郎翁は、地租改正による重い税負担に苦しむ両親を見て、自分は西洋鍛冶屋になるのだと決意し、14歳で大阪に渡りました。シャープの創業者、早川徳次翁は生まれてすぐに養子に出され、過酷な幼年時代を送り、そこから這い上がってシャープペンシルを発明。その事業も震災で失った後、再起してラジオ、テレビ、電卓を世に送り出しました。

■事業が軌道に乗り、余力が生れてくると、経営者の多くは事業の周辺領域でも社会貢献をめざしています。人々を雇用して社会参加の場を提供するのもそのひとつ。とりわけ障害など就労困難な事情を抱えた人たちに働く場を提供する会社は、それだけ社会への貢献度の高い会社と言えるでしょう。

■このほか、地域の美化、困窮する人々への支援、次世代への支援、文化の発信など、この章では社会の発展に貢献する様々な創意・工夫・改善・改革事例を紹介します。