絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  208 
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 社会 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bQ08
BACK  

職人の安全を願い、社会の縁の下の力持ちを支える会社

 基陽探訪記


基陽は金物の町、兵庫県三木市で安全帯、工具袋、工具などを製造販売している会社である。

藤田尊子社長と山下典子常務は創業者、藤田基弘氏の長女と次女に当たる。姉妹はいつも建設現場に足を運び、危険と隣り合わせの職人たちとコミュニケーションしながら、彼らの要望と使い勝手にピッタリ沿ったユニークな製品を次々生み出している。

グッドデザイン賞に輝いた安全帯のフックはつかみやすく、指のひっかかりにくい形の追求の中から生まれ、軽くて作業性の良い命綱の追求からじゃばら式の命綱が生まれている。また、安全への祈りを込めてフックや工具袋に五神獣を刻印するなどの心配りが職人たちの心をしっかりつかんでいる。

同社は社員を大切にする企業としても知られる。ワークライフバランスへの配慮が女性の応募者を増やし、社員38人の7割は女性。女性の9割は子育て中のお母さんたちで占められている。この会社の成り立ちと経営戦略を、藤田尊子社長と山下典子常務からきいた。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2018年10月号で詳報) 
 
●本文: kiyo.pdf へのリンク
●基陽のURL:https://kh-kiyo.com/ へのリンク
●「リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/ へのリンク

安全帯。 写真クリックで本文表示