絵で見る創意くふう事典  》 第14章 社会  》 D地域ニーズに対応して事業創出する
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 社会 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
組織‐1405 D地域ニーズに対応して事業創出する BACKNEXT


 このページの掲載事例→          ●140501 新しいアートのまちをつくる  
 ●140502 貴志川線を復活させる  
 ●140503   
 ●140504   
 ●140505  
 ●140506  
 
【140501】 新しいアートのまちをつくる  

■横浜市中区黄金町の京浜急行高架下には、かつて港湾労働者に食事を提供する小規模飲食店が並び、その中には非合法の風俗営業や麻薬密売を行なう店まで含まれていた。1998年、京浜急行がそれら小規模店舗に立ち退きを要求。さらに住民と警察による違法店舗排除運動が起こり、横浜市がそれをバックアップして2005年に違法店舗一掃を実現した。

■黄金町の店舗の改修の相談を受けた神奈川大学教授で建築家の曽我部昌史さんは、そこをアーティストの活動拠点とすることを提案。それが採択され、曽我部さんと神奈川大学の学生たちはそこにアーティストの活動拠点「BankART桜荘」を建設した。

■曽我部さんらはさらに横浜市の依頼で、京浜急行高架下にアーティストの活動拠点「黄金スタジオ」を建設。完成後の2008年9〜12月、この地域の負のイメージを払拭し、新しいアートの町をアピールするために、実行委員会を編成して、横浜市のバックアップを得て「黄金町バザール」というイベントを開催した。

■「黄金町バザール」では地域の商店街の店主のポートレイトを油絵で描き、それをスタジオに並べて展覧会をひらいたり、スタジオ内の電気釜で茶碗を焼いて、それで茶会を開いたり、ペーパークラフトの果物の折り紙を展示し、折り紙キットを販売するなど、新しいアーティストの町を情報発信した。

取材先 神奈川大学曽我部昌史研究室tanbouki 083
取材 2009/01/29
掲載 ポジティブ2009/04
本文 sogabekenkyuusitu.pdf へのリンク

 
 
↑黄金町スタジオの内部と外観
 
【140502】貴志川線を復活させる   


2004年、和歌山と当時の貴志川町(現紀の川市)貴志川を結ぶ南海電鉄貴志川線の廃線が発表された。地域の人口は増えていたが、マイカー通勤者が増え電車の利用者が年々減少していたためである。住民たちは結束して存続を求め、結局、土地と設備は行政が取得し、岡山の両備グループが100%出資して新たに和歌山電鐡鰍設立。2006年から電車の運行を引き受けることになった。

■南海電鉄時代、毎年5億円出ていた赤字は、和歌山市と貴志川町が年間8200万円、10年間にわたって補填することが決まり、和歌山電鐡は5億円の赤字を最大8200万円にまで圧縮しなければならなくなった。

■それまでの44人の鉄道運営体制が29人にまで圧縮された。通常の鉄道会社は、運転手は運転だけ、駅長は駅務だけ、整備士は整備だけ行なうのだが、和歌山電鐡では29人全員が1人で何役もこなしている。14駅のうち有人駅は2駅だけになった。

■終点の貴志川駅も無人駅となったが、駅の隣の雑貨店のおばちゃんが猫の「たま」の猫小屋を駅に置いてほしいと頼んだことがきっかけとなり、ガラス張りの猫小屋が作られ、そこで乗降客を出迎える「たま駅長」を写真に撮るために各地から電車に乗ってやってくる人が増えた。

■地域住民は「貴志川線の未来をつくる会」を結成。1000円の会費を払って協力を申し出た会員は6000人に上り、貴志川線の乗客を増やすために、観光ポイントの掘り起し、案内看板の設置、観光地の清掃などを行なっている。

■さらに、和歌山電鐡専務、貴志川線の未来をつくる会代表、行政の代表、学識経験者、そして和歌山電鉄社員が事務局となって、「貴志川線運営委員会」を組織。毎月1回会合を開いて、観光客を増やし沿線住民の利用を増やすための方策を話し合っており、その中から「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」などの導入、いちご狩り、三社参りスタンプラリー、名曲リサイタル、土星と春の星座を見る会…など年間50本に上るイベントを開催している。

取材先 和歌山電tanbouki 084
取材 2009/03/10
掲載 ポジティブ2009/05
本文 wakayamadentetsu.pdf へのリンク

 
↑おもちゃ電車(左)と貴志川駅たま駅長室
 
【140503】   
 
 【140504】   
 
【140505】   
 
 ▲ページトップへ