絵で見る創意くふう事典  》 第14章 社会  》 C使命感を持って事業創出する
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
組織‐1404 C使命感を持って事業創出する BACK


 このページの掲載事例→           ●140401 ファッションの魅力を追求し続ける  
 ●140402 運転とともに感謝の心を学ばせる
 ●140403 花文化を創造する  
 ●140404 1人でも多くの人の命を救う  
 ●140405 空飛ぶ夢に生涯をかけた人が作った神社  
 ●140406 農業をビジネスに変える  
 ●140407 経営者には社会に対して果たすべき役割がある  
 
【140401】 ファッションの魅力を追求し続ける  


■クロスカンパニーの石川康晴社長は、14歳のときファッションの魅力にとりつかれてファッションビルに通い詰めた。「そんなに好きだったら、洋服屋をやればいいのに」アパレル店の店員からそう言われ、「ああそうか。自分はそのために生まれてきたのだ」と思うようになった。以来、自分の店を持つことと経営者になることにすべてのエネルギーを注いできた。

■社会人となって紳士服の販売会社に入った。右肩上がりの拡大戦略をとり続けてきた会社で、それを現場で支えるために昼も夜もなく働き、ちょっとやそっとではめげない精神力が身についたという。3年が経過して上司から「店長にならないか」と言われたとき、それが卒業のきっかけと閃いて会社を辞め、岡山市内のビルの一角に4坪の店を開いた。23歳のときのことである。

■石川さんは「身の丈」ということを大事にしている。先輩には借金して華やかな店を出す人もいたが、自分は無理をせずに身の丈に合った堅実な商いをこころがけたという。最初に立地の悪い小さな店をオープンした。わざわざ足を運んでくれたお客様に、商品の付加価値だけでなく、店のイメージ、接客する自分自身の価値を感じてもらえるような接客を心がけた。

■自らヨーロッパを歩き回って、自分で吟味して仕入れた商品のひとつひとつについて、この商品はフランスの誰々というデザイナーの作品で、その人はこんな経歴を持ち、こんな作品を作る人で、その商品にはこんな素材が使われていて、どんな特徴があるか、どんなものと組み合わせるとよいか…など、ファッション雑誌にも載っていない自分だけの知識とファッション観、ひとつひとつの商品への思い入れを熱く語った。

■それが顧客の心をとらえ、売上は順調に伸びた。8ヵ月後には自分1人では手が回らなくなり、人を雇い入れようと決め、社会保険に加入するために個人事業を会社組織に改めた。

取材先 クロスカンパニー(tanbouki 066
取材 2008/04/30
掲載 ポジティブ2008/0
本文 croscompany.pdf へのリンク

 ←クロスカンパニーの店舗
 
【140402】運転とともに感謝の心を学ばせる   


島根県のMランド益田校は合宿方式の自動車教習所で、普通車ATの場合で2週間滞在して運転を学ぶ。

■そのためだけに2週間滞在してもらうのはもったいないとして、ここには宿泊施設、飲食施設、コンビニ、テニスコート、ゴルフ練習場、美術ギャラリーなどがある。

■さらに、ここでの生活にはいくつかのルールがある。ひとつは必ず挨拶しましょうというもの。もうひとつは、「Mマネー」という地域通貨を使うこと。校内清掃やトイレ清掃、教習車の洗車などのボランティア活動をしたり、誰かに親切にされたときにサンキューレターを書いたり、改善提案を書けば「Mマネー」が貰え、それで様々なものやサービスを買うことができる。

■ねらいは、運転教習とともにこれらを通じて、生徒たちに、交通安全や人へいたわりの気持ち、奉仕の心、感謝の心など、人生において大切な何かを学んでもらうことにある。

■ここでの「感動」は与えられるものではなく、自分たちで掴み取る。ほとんどの卒業生たちは自分たちなりにそれを掴み取り、2週間後には大きな感動とともに卒業していく。

取材先 Mランド益田校

取材  2010/10/29
掲載  リーダーシップ2011/01
本文  
mland.pdf へのリンク

 
↑Mランド内の挨拶と清掃奉仕 
 
【140403】花文化を創造する   


■花卉販売会社、ジャパン・フラワー・コーポレーションの社長、松村吉彰さんは、3歳とき交通事故で生死の境をさまよった。医者が見放すほどの重体で水も受け付けなかった。このとき乳飲み子だった弟がいて、母親が張っていた乳を松村さんに含ませるとはじめてゴクンと飲み、奇跡的に命を長らえた。母と弟がいなかったら自分の命はなかった。この命を何に使うべきか、少年の頃からそのことを考えるようになったと言う。
 

■高校卒業後、青果商での丁稚奉公を経て、自分で花屋を始め、それが軌道に乗り、会社は次第に大きくなった。だがあるとき、せっかく雇い入れた従業員が次々辞めていった。順風満帆が続いた後のはじめての躓きだった。家に帰ると、奥さんが売れ残った花を活けてくれていた。それを見ながら、次の様に思ったと言う。 

■大勢が辞めていったのは、自分の中に従業員を「手段」と見る見方があったためだ。花の商売をしながら、花についても金儲けの手段としてしか見ていなかった。花は喋らないけれど、見ていると心が癒され、幸せな気持ちにさせてくれる。もう一度一からやりなおしてみようという勇気を与えてくれる。自分の仕事は、これをもっと多くの人に広げることではないか。そう気が付いたと言う。 

■こうして、「花文化創造企業をめざす」というジャパン・フラワー・コーポレーションの企業理念がこのとき生まれた。その正しさを確認するために、国内外で注目を浴びている花屋の社長に片っ端から面会を求め、その成功の秘訣を聞いた。海外に目を向けると、日本の花流通はかなり遅れていた。価格はく不安定である。人々の生活の奥深くにまで花を浸透させるためには、生産から販売まで自社で行なえる垂直モデルを作り上げる必要がある。 

■ジャパン・フラワー・コーポレーションはその後、胡蝶蘭の温室の生産拠点のグループ化、ベトナムに花の生産基地を保有、花の需要先開拓のためにフラワースクールを開講、2010年には阪急阪神ホールディングス傘下の「クリエィティブ阪急」の花事業部を買収し、全国第3位の花卉販売会社に躍進している。 

取材先 ジャパンフラワーコーポレーション
取材 2012/12/03
掲載 リーダーシップ2013/01
本文 hanamatsu.pdf へのリンク

 
↑「花まつ」の店舗(左)とベトナムの花生産基地
 
 【140404】1人でも多くの人の命を救う  


東海メディカルプロダクツ(愛知県春日井市)の創業者、筒井宣政さんの娘さんには、生まれながらの重い心臓病があった。その娘さんに手術を受けさせたいと筒井さんは必死の思いで働いて、2000数百万円を貯めた。しかし、そのお金で手術をしてほしいと、主治医に相談を持ちかけたとき、主治医が出した結論は、娘さんの体力は手術には耐えらないというものだった。人工心臓を使うことも考えられたが、当時の人工心臓はまだ実用段階ではなかった。

■筒井さんは手術のために蓄えてきたお金で、自ら人工心臓の開発に取り組むことを決めた。奥さんと2人で取り組み、8年をかけて動物実験まで成功させた。しかし、実用化のためにはさらに100例の動物実験と人間を対象にした治験が必要になり、そのためには1000億円もの資金が必要で、とても1私企業でできる仕事ではないことが徐々にわかってきた。やむを得ず、開発の対象を、狭心症や心筋梗塞に陥った心臓の機能を一時的に回復させるIABPバルーンカテーテルに転換し、それまでのアメリカ製品を改良したバルーンカテーテルの国産化に成功した。しかし、娘さんの心臓病に役立てることはできず、娘さんはしばらくして亡くなった。
亡くなる前、カテーテルが売れたと聞くたびに娘さんが「また1人の生命を救ったのね」と喜んでくれていた。そのことから、筒井さんは東海メディカルプロダクツの企業目標を「1人でも多くの生命を救う」と定めた。バルーンカテーテルはその後、IABPのほか、腎臓透析患者用、腹部がん治療用、脳血管治療用などが開発され、海外にまで輸出されて、多くの人の生命を救うことに役立っている。

取材先 東海メディカルプロダクツ

取材 2016/11/02
掲載 リーダーシップ2017/01
本文 tokaimedpro.pdf へのリンク

 
↑IABPバルーンカテーテル国産第一号(左)とカテーテルの製造工程
 
【140405】 空飛ぶ夢に生涯をかけた人がつくった神社   


■愛媛県八幡浜市の住人、二宮忠八(1866-1936)は、幼いころからトビウオやモミジのタネなど、空を飛ぶものに関心を持ち、様々な凧を自作していた。長じて陸軍に入隊。演習で弁当をとっているとき、残飯をめがけてカラスが滑空するのを見て「カラス型飛行機」をつくり、ゴム動力で空をとばした。さらに玉虫が内羽根で飛ぶ方向を変えているのを観察して「玉虫型飛行機」を作った。

■忠八は敵地を偵察するための軍用飛行機の製作を何度も軍に上申した。しかし、軍には余裕がなく、欧米人が達成していない科学技術の成果を日本人が達成できるはずがないという先入観もあって、提案はことごとく却下された。

■その後、軍を除隊して大阪で製薬会社に入社。忠八はやがてその会社の経営責任者となり、勤めの傍らで、京都府八幡市の木津川河川敷で玉虫型飛行機の飛行実験を計画した。しかし、1903(明治36)年1218日、アメリカのライト兄弟が自作の飛行機で空を飛んだというニュースが新聞で報道された。最初に空を飛ぶのは自分でなければならなかった。2番手では意味がない…と失意のドン底に突き落とされた忠八は、自作の飛行機をすべて壊してしまったという

■ライト兄弟の12年前にゴム動力で飛行機を飛ばした日本人がいたという話はやがて軍が知るところとなり、軍は忠八の上申を却下した不明を詫び、その後、この話は国定教科書にも掲載されて国威発揚の一端を担った。

■忠八の自宅跡の京都府八幡市には、いま、空の安全を守る神として「飛行神社」が建てられている。

取材先 飛行神社
取材 2017/08/09
掲載 リーダーシップ2017/09
本文 hikoujinjya.pdf へのリンク

 
↑玉虫型飛行機(左)と飛行神社 
 
【140406】 農業をビジネスに変える   


■ビジネスはお客様に満足を提供するところに成立する。「ありがとう」という言葉が満足の証である。しかし、自分で育てた野菜を農協に出荷しても、受け取りの伝票が渡されるだけで「ありがとう」の言葉はなかった。そこにビジネスの基本がないことに、及川智正さんは当惑した。

■日本の農業を立て直すことが及川さんの子供のころからの夢だった。そこで、作った野菜を、農協を通さず直接スーパーに持ち込んだ。朝収穫したばかりの新鮮さが評価され、多くのお客さんが買ってくれた。知り合いの農家にも声をかけ、様々な農産物を直接出荷し、お客様から求められる野菜を提供すれば「ありがとう」と言って貰えることを確認した。

■しかし、「僕らは頭を下げてまで売るつもりはない」と、農家の人たちが言うのを聞いて、生産者の立場からのアプローチを断念。自ら八百屋を開店して野菜の販売を始めた。

■やがて、生産と販売の双方を経験した自分なら、その双方の立場をコーディネートできると考えるようになった。中古の軽バンを手に入れて、農家からミカンを仕入れ、「農家の直売所」の看板を掲げて百貨店や高級スーパーに委託販売した。これが農業総合研究所の最初だった。現在この事業に参加登録している農家は7000人。「農家の直売所」を設置するスーパーは全国に1000店舗に上る。

取材先 農業総合研究所
取材 2017/10/02
掲載 リーダーシップ2017/12
本文 nousouken.pdf へのリンク 

 
↑農家の直売所の売り場(左)と集荷場
 
【140407】 経営者には社会に対して果たすべき役割がある   
 

■マッサージチェアの専業メーカー、ファミリーイナダは、1990年当時、エステサロン、痩身教室、ウエイトトレーニング製品製造販売など、事業の多角化を積極的に推進しており、売上に占めるマッサージチェアの割合は20%、それ以外の事業が80%に達していた。

■しかし、稲田二千武社長が師と仰ぐ稲森和夫氏から、「経営者には、社会に対して果たすべき役割がある」という言葉を聞き、儲かるなら何でもやって会社を大きくするというのが、果たして正しいことなのか、自分の社会的役割はマッサージチェアの可能性を極め、世のため人のために尽くすことではないかと思い直したという。

■そして、多角化事業をすべて売却。改めてマッサージチェアの可能性を追求し、マッサージチェアという日本の文化を世界に広げ、世界の人々の健康に貢献することに全エネルギーを注いだ。

■現在、同社は予防医学の考え方を取り入れ、脳波・歩数・距離・カロリー・睡眠状態を計測するアクティブメジャーと組み合わせたマッサージチェアによる健康管理システムの開発に力を注いでいる。

取材先 ファミリーイナダ
取材 2017/11/27
掲載 リーダーシップ2018/01
本文 family-inada.pdf へのリンク

 
↑初期のマッサージチェア(左)と最近のマッサージチェア
 ▲ページトップへ