絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  198 
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bP98
BACK  

農業をビジネスに変えた会社

 農業総合研究所探訪記

農業人口が減り、食料自給率が下がり、耕作放棄地が増え続けています。この日本の農業を何とかしなければ…と、及川智正さんは考え続けてきました。勤めていた会社を辞め、和歌山でキュウリ農業を始め、次いで八百屋を開業し、農業の生産現場と販売現場の両方の立場を体験した及川さんは、その後、2つの立場をコーディネートする農業総合研究所という会社を起こしました。
都会のスーパーに「農家の直売所」を設置。生産者から委託された農産物をそこで販売するための仲介業を始めたのです。同社はいま全国7000の農家によって1000を超すスーパーに「農家の直売所」を展開しています。
契約農家は農産物を農業総合研究所の集荷場に持ち込み、自分で農産物の価格を決め、セールスポイントを書き込み、どの地域のどのスーパーの「農家の直売所」に出荷するかを決めます。その後は農業総合研究所が指定されたスーパーまで運び、スーパーが農家の指定した条件で販売してくれるという仕組みです。
JA・市場・仲卸を経由した農産物は店頭に並ぶまでに4〜5日かかるのに対して、この方式だと、出荷してから1日以内に新鮮な野菜を店頭に並べることができる。しかも、何を、いくらで、どんな風に売るかを農家自身が決めることができる。
従来はJAの指導に従って農産物を作るだけで、農家にはお客様が見えていなかった。しかし、「農家の直売所」方式では、農家は工夫次第でどんどん売り上げを増やすことができ、売上1億円を超える農家も登場しています。「農家の直売所」は農業をビジネスに変えつつあるのです。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2017年12月号で詳報)  
●本文: nousouken.pdf へのリンク
●農業総合研究所のURL:http://www.nousouken.co.jp/ へのリンク
●「リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/

農家の直売所(写真クリックで本文表示)