絵で見る創意くふう事典  》 改善改革探訪記  》  179 
 
 TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 顧客 地域 探訪記 解説 総目次 索引
 
ネット版 改善改革探訪記 bP79
BACK  

QCサークル活動で利用者満足度向上をめざす救護施設

 郡山清和救護園探訪記

救護施設と養護老人ホームを運営する郡山清和救護園の利用者は、ほとんどが障害者と高齢者。1人では生活できず、生活保護費を財源に行政の措置によって収容されている人たちである。
同園は、国際障害者年だった1981年にQCサークル活動をスタートさせ、利用者満足度向上をめざして、データに基づいて問題を解決する活動を開始した。
たとえば、複数の薬を1包化する作業に追われていた看護師が、作業を代行してくれる調剤薬局を探し出して、作業代行を依頼することにしたという事例、昼食のラーメンが伸びて美味しくないという苦情を受け、みんなが揃ってから食事を始めるというルールを改めて席に着いた人から順に食べ始めるようにしたという事例、決められた起床時刻に前に早起きする人がいて、同室者が眠れないという苦情を受け、早起きした人はロビーで過ごしてもらうなどのルールを決めた事例…などがある。
利用者との定期的な話し合いに中で問題や課題を発見し、事実を確認し、話し合いによって解決するというこの園の習慣と風土は利用者満足度を高め、職員の仕事へのやりがいと誇りを高めている。

(日本監督士協会編「リーダーシップ」2016年5月号で詳報)  
●本文: koriyama-seiwa.pdf へのリンク
●郡山清和救護園のURL: http://www.k-seiwa.or.jp/index.html へのリンク
●「リーダーシップ」発行元・日本監督士協会のURL: http://www.kantokushi.or.jp/

園内で行われるリハビリ体操