絵で見る創意くふう事典  》 第9章 コストダウン  》 E生産性向上への組織的取り組み
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
 コストダウン‐0906 E生産性向上への組織的取り組み  BACK NEXT
このページの掲載事例→   ●090601 自動車の輸送方法を改善する 
●090602 セル生産への移行めざし生産性を8倍向上
●090603 ハッチタイトネス試験方法の改善
●090604 改善の蓄積をデータベース化する
●090605 工場で野菜をつくる
●090606 浴衣帯のコストダウンを図る
●090607 銅山経営を近代化する
●090608 商品センターを設置して流通革命を推進する
 
【090601】自動車の輸送方法を改善する  


1999年、自動車業界への外資参入による大規模なリストラを契機として、自動車物流業界に価格破壊が起こり、自動車物流の市場価格が大幅に低下。トヨタ輸送はお客様である親会社のトヨタ自動車から相応のコストダウンを求められることになった。

■トヨタ車の生産工場が集注する豊田市から名古屋港までの幹線ルートはトヨタ輸送のキャリアカーで完成車を運ぶが、各地の港から販売会社までの地方ルートはビジネスパートナーの輸送会社が運んでいる。ビジネスパートナーたちはこの頃、ディーゼル車の燃料費の高騰と排ガス規制適合車への買い替えを迫られ、それ以上のコストダウン要求に応えることはムリだと考えていた。

2002年に就任した小川徳男社長は、ビジネスパートナーたちと対話を重ね、協力を求めて、次のような社内改革を行なった。
@従来のキャリアカーは目的地までほぼ100%車を積んで走っているが、帰りは空で走っていた。お客様は親会社のトヨタ自動車だから、トヨタの新車がないところでは、空で走るしかなかった。そこで、お客様をトヨタ自動車だけに限定せず、関東の自動車メーカーにまで拡げて、共同輸送することを取り決めた。御殿場にターミナルを建設。そこで、積み荷を交換して帰りの実車率を高めた。
A数百キロ以上の遠方に完成車を運ぶとき、従来は800台積みの小型船22隻を名古屋港と各地の港を往復させていたが、22隻のうち8隻を廃船し、2000台積みの大型船4隻に切り替えた。

■排ガス規制適合車買い替えのための資金調達に苦しんでいたビジネスパートナーに対しては低利のファイナンスリース制度をつくって、便宜を図った。

取材先 トヨタ輸送)
取材 2007/09/04
掲載 ポジティブ2007/11
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki051.html

 
↑御殿場ターミナル、自動車積載車、大型積載船
 
【090602】セル生産への移行めざし生産性を8倍向上  


1999年に就任したキヤノン電子の酒巻久社長は効率の良い多品種少量生産体制を作るために力を注いだ。中心はコンベア生産からセル生産に移行させることだった。

■自動倉庫と連動したコンベア生産方式は段取り替えに時間がかかって小回りがきかないのに対して、数人のグループで小さな屋台の周辺に部品を置いて組み立てるセル生産方式は短時間で段取り替えが可能になる。ムダな動きがなくなり、生産のリードタイムが短縮され、仕掛品在庫もスペースも削減され、それに伴って電気代もCO2排出量大幅に減少する。

■速やかなセル生産への移行をめざして酒巻社長は「TSS1/2」という目標を打ち出した。TSSTime & Space Savingの意味で、時間・スペース・不良率・人と物の移動・電気使用量…などをそれまでの半分にし、効率を2倍にすることをめざす。この目標だけ示して、手段は各部門に委ねられた。

■時間とスペースの節減の追求の中で、「椅子をなくす」というアイデアが生まれた。組立作業は従来椅子に座って行われたが、立ってやればもっと早くできると言う声が若い人たちから出てきたのである。座って作業しているときは部品を供給するためのロボットの移動スペースが必要だったが、立って作業すると手を伸ばせば物が取れるから、ロボットも移動スペースも不要になり、これにより時間とスペースが大幅に削減された。

■現場が立って作業するようになったから、工場の間接部門も何かあった時にすぐ現場に駆けつけられるように立って仕事をするようになった。会議もたったまま行われる。立った方が適度の緊張感があり、意見もアイデアも出やすく、短時間で結論が出せるという。

■各現場では「ピカ一運動」が展開された。「出前迅速(すぐやる課)一番」「新技術世界で一番」「あいさつ一番、やる気一番」「効率、機能レイアウト一番」などの活動で、半年に1回発表会と表彰が行われた。この「ピカ一運動」の中で構内の芝生はきれいに刈り込まれ、植え込みもきれいに手入れされた。

■「TSS1/2」は2年半後に達成され、2003年からの目標は「TSS1/4」となった。1999年を基準とするとトータルで8倍の生産性向上をめざすもので、現在ほゞそれを達成しつつある。

取材先 キヤノン電子
取材 2008/08/20
掲載 ポジティブ2008/10
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki072.html

 ←セル生産現場
 
 【090603】ハッチタイトネス試験方法の改善  


三井造船は1999年からBPS(ベスト・プラクティス・シェアリング)活動を展開している。各職場・工場・事業所の小集団活動・プロジェクト活動の優秀事例を全社に応用展開し、考え方や手法のシェアリングをめざす活動で、以下は2006年夏の全社発表大会で最優秀賞を獲得した活動である。

■「5万6000トン・バルクキャリア」は玉野造船所で最もたくさん建造されている船で、これまでの受注実績は120隻を上回る。この船の甲板には、そこから船倉に荷物を積み込む四角く切り取られた5つの開口部がある。

■この開口部にハッチカバーという蓋がついている。特に穀物を積んでいるときは水が入らないよう、この蓋には厳重な水密性が要求される。その水密性を検査する工程に2つの問題があった。

■ひとつは検査の合格率が低く、3分の1が不合格だったこと。もうひとつは検査に時間がかかりすぎていること。検査は甲板から消火ホースで水をかけるのだが、準備に時間がかかり、しかも雨が降ると作業ができなかった。

■この問題の解決に品質保証部の7人のスタッフが取り組んだ。水密性検査の合格率の低さについては、様々な調査分析の結果、ハッチカバーについているベンチレーターという空気抜きの窓の塗装方法に問題があり、そこから水が漏れていることを突き止め、ベンチレーターのメーカーに塗装方法を改善させて問題を解決。合格率100%を実現した。

■検査に時間がかかりすぎているという問題については、水をかける代わりに超音波測定器で検査するという方法を考え出した。船倉の中に音源を持ち込んで超音波を発信し、外で音圧を測る。漏れてくる音の量を受信器で測定して水密性が保たれているかどうかを判断する。この方法によって検査の段取りが簡単になり、しかも雨の日でも検査ができるようになった。

取材先 三井造船玉野造船所
取材 2007/11/05
掲載 ポジティブ2008/01
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki057.html

 ←建造中の5万6000トン・バルクキャリア
 
【090604】改善の蓄積をデータベース化する  

船舶は受注生産品で、航路や積荷の種類と量に応じて1隻ごとに一から設計する。三井造船玉野造船所で建造されている「56000トン・バルクキャリア」という船の場合、これまでに120隻の受注実績があり、実際には何年か前にも同じような設計をしている場合が少なくなく、その場合はその図面を取り出してきて手直ししていた。

問題は、たとえば材料の歩留まり向上のために材料取りの方法を改善し設計に反映しても、それ以前の図面に戻ればそれまでの改善成果がゼロに戻ってしまうことだった。同様にミス防止の改善、安全性向上の改善等々、現場が積み上げた改善がすべて何年か前に引き戻されてしまう。

自動車販売店では車種と型番と色が一覧表になっていて、その中から選んで注文すれば指定どおりの車が届けられる。同じことが船でもできないかと船殻設計課長の野崎修一さんは考えた。コンピュータの中で3次元CADデータの形で標準船を作り、すべての改善のデータをこの標準船データの中に蓄積する。これをベースに仕様変更する部分だけをその都度加えるようにした。課を挙げて標準船データづくりに取り組み、3年をかけて完成させた。

設計工数は大幅に削減され、従来1隻について4.5キロの重さがあった図面が、変更部分だけ現場に渡すので390グラムに激減。基本は標準船通りとし、変わる部分だけ特別仕様にするという作り方は現場の作業効率も向上させた。同社内の改善発表会で最優秀賞を獲得した事例である。

取材先 三井造船玉野造船所
取材 2007/11/05
掲載 ポジティブ2008/01
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki057.html

 ←TS56BCのCAD画像
 
【090605】工場で野菜をつくる   

尼崎市の鉄鋼メーカー、日亜鋼業の本社事務所に隣接する工場が移転して空きスペースが生まれ、技術開発担当の佐藤雅文さんは、トップからその有効活用法の提案を命じられた。

■鉄鋼関連は既に成熟産業でニッチ市場を見つけるのは容易ではない。そこで、佐藤さんはアグリビジネスに着眼。工業的手法で野菜を栽培する計画を立てた。露地物で3〜4カ月でかかる野菜が植物工場では1.5カ月で収獲できる。さらに6段積みラックで空間を立体利用すれば、単位面積当たりの生産性は露地物の15倍になる。

■植物工場は2008年5月から始動。レタス・ミズナ・チンゲンサイ・セロリ・ハーブ類などはスーパー、百貨店、ホテル、レストランなどに出荷されており、これらの野菜は2009年2月「メイドインアマガサキコンペ」でグランプリに選ばれた。

取材先 日亜物産
取材 2009/03/18
掲載 ポジティブ2009/06
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki086.html

 
【090606】浴衣帯のコストダウンを図る   


■日本人の生活から和服がどんどん姿を消していく一方で、浴衣の需要は健在である。その一因はコストダウンの成功にある。

■福井県坂井市の浴衣帯メーカー、小杉織物は、同業他社が製造を中国に移管してコストダウンを図ろうとする中、国内生産体制を守り、台湾から白い糸を大量購入し、国内で染色する方法でコストダウンを図った。

■さらに、帯専用織機を台湾のメーカーと共同開発した。従来は汎用機をその都度調整しながら帯を織っていたが、専用機を開発したことで調整の手間が省け、故障が少なくなり、人手が省け、生産効率が高まった。

■同社はこれにより、浴衣帯の市場で90%を超えるシェアを獲得している。

取材先 小杉織物
取材 2018/06/12
掲載先 リーダーシップ2018/08
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouki206.html

 
工場内に保管されている糸の包み(左)と帯専用高速織機
 
【090607】銅山経営を近代化する    


■江戸時代のはじめに発見され、住友家が開拓してきた別子銅山は、地中深く掘り進むにしたがって銅品位が低下した。その上に、坑道が長くなり、湧き出してくる水を汲み出さねばならなくなって、コストアップ、生産性の低下により、江戸時代の終わりには銅山経営はかなり厳しくなっていた。

■別子銅山支配人の広瀬宰平(18281914)は、明治新政府に住友家が銅山経営に当たることを認めさせるとともに、お雇い外国人から近代化採鉱法を学び、フランス人、ルイ・ラロックを雇い入れて、別子銅山の近代化計画「別子銅山目論見書」を作らせた。

■ルイ・ラロックはその計画の実施を自分に任せてもらえるように強く希望したが、広瀬はそれを断った。フランス人に任せれば、その後、フランス人抜きで経営ができなくなると考えたからだった。

■広瀬は住友の店員ら3人をフランスの鉱山学校に学ばせ、ラロックの「目論見書」を研究し、日本人の手で次のような近代化計画を実施に移した。
@鑿と鎚による掘鑿を、削岩機とダイナマイトに変えた。
A人力による運搬を牛車による運搬、さらに鉄道による運搬に変えた。
B幅6m高さ2.7mの巨大な斜坑を掘り、支坑道から集めた銅鉱石をこの斜坑に集めて、蒸気機関で稼働する巻上機によって運び出せるようにした。

■これらの近代化によって、江戸時代の終わりに年間500トンに満たなかった産銅量は、1900年に5000トンを超え、1918年には1万トンを超えた。

取材先 別子銅山記念館
取材 2019/12/17
掲載先 リーダーシップ2020/02
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouk224

 
江戸時代の坑内作業(別子銅山図巻より、別子銅山記念館提供)と銅鉱石運搬に使われた蒸気機関車
 
 【090608】商品センターを設置して流通革命を推進する    


■スーパーマーケット・ダイエーの創業者、中内功(19222005)は、アメリカのスーパーマーケットを見たことがヒントとなって、商品センターの設置を決めた

■商品センターでメーカーから一括して商品を仕入れ、商品検査のうえ各店舗に配送する。それによって各店舗が個別に仕入れるよりもコストが下がる。並行して、店舗の業務内容とレイアウトを標準化し、そうした店舗を各地に展開することで、コストを大幅に引き下げ、生活必需品を安く供給する体制を完成させた。

取材先 中内功記念館
取材 2020/08/07
掲載 リーダーシップ2020/10
探訪記 http://www.souisha.com/tanbouki/tanbouk232

 ←創業当時のダイエーの店頭に並んだ商品
▲このページトップへ