絵で見る創意くふう事典  》 第14章 社会  》 @地域に奉仕するボランティア活動に参加する
 
TOP 編集のねらい 5S 安全 品質 作業 治工具 設備 省力 環境 コスト 事務 IT化 組織 お客様 社会 地域 探訪記 総目次 索引
 
組織‐1401 @地域に奉仕する BACKNEXT


 このページの掲載事例→             ●140101 被災地を救援する  
 ●140102 清掃奉仕活動とフリーマーケットを展開  
 ●140103 地元の信頼をめざして道路清掃  
 ●140104 冬物衣料と毛布を被災地に送る  
 ●140105 本社前で「びわこ祭」を開催する  
 ●140106 社会貢献に力を注ぐオフィス用品会社  
 ●140107 「こどもミュージアムプロジェクト」を展開する
 ●140108 モンゴルの少年のために義足をつくる
 ●140109 在所に惚れよ
 
【140101】 被災地を救援する  

1995年1月17日、神戸が震災に襲われた翌日、七福醸造(愛知県安城市)の犬塚敦統社長は「社員と一緒に片づけを手伝いに行きたい」と神戸市役所に電話を入れた。「余震で二次災害が起きても責任が持てないから…」と断られたが、「ウチは食品会社だから炊き出しを手伝いたい」と再度申し入れ、「それなら来てください」ということになった。

500人分の食材と必要な道具を揃えて4人が車で出発。現地で味噌汁、うどん、豚汁を作って避難所に配った。夜は寝袋で睡眠をとりながら社員たちは毎日調理に当たり2泊3日の滞在の後次の社員と交代。常時10人くらいの社員が現地で滞在した。

■救援活動は結局38日間に及んだ。当初の1500食の炊き出しはその後13600食、8000食と増え、このための経費は1200万円に達した。幹部が「社長、もう終わりにしましょう。このままでは会社が持ちません」と進言したが、犬塚さんは「まだまだ困っている人がいる。ここで手を引くわけにはいかない」と言い続けた。

■社員の2割を常時救援活動に割いたことで、生産は低下し、それを回復するのにかなりの時間を要したが、売上は逆にいつもより8%増えた。救援活動のことはお客様には知らせていなかったから、それがPR効果を発揮したというのではない。これは天がやれと命じたことだと犬塚さんは考えている。

■「お金よりも大切なものがある」という犬塚さんの本音と建前が同じであることを、この活動を通じて社員は理解した。「人というのは誇りで動くものです。誇りがあるからウチの社員は一生懸命働くし、人を幸せにすることに命をかける。これが広がればこの国はもっとよくなる」と犬塚さんは語っている。

取材先 七福醸造(tanbouki 034
取材 2007/03/12
掲載 ポジティブ2007/0
本文 shichifuku.pdf へのリンク

 ←阪神大震災の被災地で
 
【140102】地域の信頼を目指して奉仕活動を展開   


■新聞販売店は再販制度で守られてきた。しかし、やがて本当の競争力が試される時代が来るに違いない。ASA栃木中央の松尾光雄社長は、そのときに備えて、従業員教育に力を入れ、購読客との良好な関係をつくり、地域から認められ、信頼される新聞販売店を目指してきた。
 

■その一環として、毎月1回道路の清掃奉仕活動を実施しており、さらにトラックで古紙を回収しロールペーパーと交換。収益金は緑化基金に寄付している。ASA栃木中央から始まったこの活動は後に栃木県販売店全体で実施している。 

■さらに、年1回フリーマーケットを開催。収益金の一部を地域の盲導犬教練所に寄付しており、この活動は、後に埼玉・栃木・群馬の朝日新聞販売店全体で実施している。 

取材先 ASA栃木中央
取材 2006/07/21
掲載 ポジティブ2006/09
本文 asatochigi.pdf へのリンク

 
↑清掃奉仕活動(左)とフリーマーケット
 
【140103】地元の信頼をめざして道路清掃  


■埼玉県浦和駅前で不動産業物件のオーナーに代わって家賃の徴収や施設管理の事業を展開する大和不動産は、地元の不動産オーナーとの信頼関係構築を何よりも大切にしており、これらにより「あそこの社員は違う。あそこの社員なら安心して大切な財産を任せられる」と思ってもらえるようになることをめざしている。その一環として、社会奉仕活動に力を入れ、毎朝全員で近隣の道路清掃を行うほか、近くの小学校や幼稚園のトイレ清掃をボランティアで引き受けている。
 

取材先 大和不動産
取材  2011/01/13
掲載  リーダーシップ2011/03
本文  
daiwafudosan.pdf へのリンク
 
↑浦和駅前の毎朝の道路清掃活動
 
【140104】冬物衣料と毛布を被災地に送る   


■お客さまにも、取引先にも、従業員員にも「喜久屋でよかった」と言ってもらえるような経営をしたい…。クリーニングチェーンの喜久屋の中畠信一社長は、ずっとそう考えている。

■その一環として「もう着ることはないが、捨てるのは忍びないという衣服がありましたら、当店にお持ちください。福祉施設などで活用させていただきます」と呼びかけ、コート類など2万着の冬物衣料が集まった。そのとき、東日本大震災が起こり、数台のトラックでそれらを被災地に送った。

■さらにつづいて「被災地に毛布を送りたいと思います。使わない毛布がありましたらぜひご提供ください」と呼び掛けると、多くのお客さまがそれにも応じてくれ、毛布が集まり、それも被災地に送った。

■CSR(企業の社会的責任)は、本業から離れた非営利活動によって企業イメージを高めることと理解されている。しかし、そんなとってつけたようなものであってはならないのではないかと、中畠さんはいう。

■企業活動は本来「善」でなければならない。世の中が本当に必要としている製品・サービスを提供し、社会に貢献することが企業の本来の使命であり、利益はその結果に過ぎない、そういう企業だけが、何十年、何百年続いていくのだろうと中畠さんは考えている。 

取材先 喜久屋
取材 2013/05/28
掲載 リーダーシップ2013/07
本文 
kikuya.pdf へのリンク

 
↑クリーニング工場内部(左)と店舗外観
 
【140105】本社前で「びわこ祭」を開催する  


■土地から切り離すことのできない住宅販売ビジネスは、地域での会社の評判が業績に影響する。そのひょうばんを高めるために、びわこホームでは年1回本社前で地域の人々を招いて「びわこ祭」を開催している。

■また、社員の中に「活性化隊」を組織し、草刈りや清掃の奉仕活動を行なったり、学校の運動会や夏祭りにボランティア参加している。

取材先 びわこホーム
取材 2014/11/13
掲載 リーダーシップ2014/12
本文 
biwakohome.pdf へのリンク 

 
↑びわこ祭(左)と清掃奉仕活動
 
【140106】社会貢献に力を注ぐオフィス用品会社   


■オフィス用品やオフィス家具をメーカーや問屋から仕入れてそれを企業に向けて販売する潟Jスタネットの植木力社長は、困っている人を見たらほっとけない人である。創業当初会社が赤字だったにもかかわらず、異業種交流会で後進地域の子供たちを応援するNPO法人の代表と懇意になったことがきっかけで、カンボジアに文具を送る活動に協力していた。

■同社が大日本スクリーンのベンチャー第1号として設立されたとき、そのことがメディアに取り上げられたが、赤字が続く中での浮揚策を大日本スクリーンの広報担当と相談するうち、カンボジアへの文具支援をメディアに発表してみたら…とアドバイスを受け、その通りメディアは「植木さんこそ社会起業家だ」として紹介してくれた。

■植木さんはそれに勇気づけられ、全国から集めた中古文具をカンボジアに送り、自らもカンボジアにわたって学校を視察。借金しながら学校建設資金を寄贈したりし、そのこともメディアで大きく報じられた。

■以来「値段が変わらないのだったらお宅のような社会貢献している会社から買いたい」という注文が集まるようになり、3期目に単年度黒字を達成。8期目までにすべての負債を返済している。

取材先 カスタネット
取材 2015/12/15
掲載 リーダーシップ2016/02
本文 castanet.pdf へのリンク 

 
↑カンボジアの植木さんと子供たち
 
【140107】「こどもミュージアムプロジェクト」を展開する   


■宮田運輸の宮田博文社長は、自社のトラックがバイクと接触して死亡事故を起こし、被害者家族と加害者のドライバー家族に大きな苦しみに突き落とされるのを見て、子供のころから大好きだったトラックが嫌いになりそうになった。トラック会社の社長でありながら、トラックなど世の中から消えてしまった方がいいのでは…とさえ思った。

■ある人から「トラックが好きやったんやろ。それならそのトラックを生かすことを考えな…」と言われ、ある会社で従業員の子供が書いた安全標語を見たことがきっかけとなって、ドライバーの子どもたちに絵を描いてもらって、それをトラックに貼ろうと思いついた。

■いま宮田運輸のトラックには子供たちの絵と「パパ、運転、がんばって」や「いつも、安全運転、ありがとう」などの言葉が貼られている。同社ではこれを「こどもミュージアムプロジェクト」と名付けており、新聞、雑誌、テレビでそのプロジェクトを知って賛同したトラックが、同じように車体に子供たちの絵を掲げながら、走り始めている。

取材先 宮田運輸
取材 2018/02/08
掲載 リーダーシップ2018/04
本文 miyata-unyu.pdf へのリンク 

 
↑トラックに描かれたこどもたちの絵
 
【140108】モンゴルの少年のために義足をつくる    
 

■モンゴルの草原で遊牧生活を送っていた少年が、草原火災に遭い、生命はとりとめたものの両足を太ももから失った。

■義肢装具製作会社、中村ブレイスの創業者、中村俊郎氏は、かつてモンゴルで日本語を教えていた松江市在住の日本語教師を通じて、少年が「もう一度自分の足で草原に立ちたい」と願っていることを知り、治療費・渡航費・滞在費の全額を負担して、少年を中村ブレイスのある島根県太田市大森町まで招き、義足を作り、リハビリまでさせた。

■少年は再び草原に立つことができるようになった。しかし、馬に乗る遊牧生活への復帰は難しい。少年は、自分も義肢装具士を目指し、将来は中村ブレイスで働きたいと言い、その実現に向けて中村氏はその後も支援を続けた。

取材先 中村ブレイス
取材 2019/04/24
掲載先 リーダーシップ2019/07
本文 nakamura-brace.pdf へのリンク

 ←義足
 
【140109】在所に惚れよ     


■総合商社、伊藤忠商事と丸紅の創業者、伊藤忠兵衛は「在所に惚れよ、仕事に惚れよ、女房に惚れよ」という言葉を残している。勤勉家であり、愛妻家であると同時に、地域、社会、国家に思いを馳せ、晩年は豊郷村の村長も務めた。

■こうした思いは後継者にも受け継がれた。八重夫人の妹の子で、「伊藤本店」の丁稚となり、後に丸紅商店の専務を務めた古川鉄次郎は、私財60万円、現在の価値にして10数億円を寄付して豊郷尋常小学校を建てた。

■忠兵衛の姉の子で「紅忠」の丁稚として入り、後に綿花取引や綿業界をリードした田附政次郎は、医学研究財団・田附興風会や、郷里五峰村の文化振興財団・五峰興風会、大阪帝塚山学院北野病院などを開設している。

■さらに、伊藤長兵衛商店に丁稚奉公して6代目伊藤長兵衛の養子となり、後に丸紅商店の初代社長となった9代目伊藤長兵衛は、私財と田畑の大部分を寄付して豊郷病院を建てている。

■そして、2代目忠兵衛が八重夫人の古希を記念して豊郷町の福利増進と教育・文化の向上のために3万円、現在のお金で6000万円を投じて1918年に設立した豊郷済美会(公益財団法人)は伊藤忠兵衛記念館を管理運営するほか、地域の小学校の冬の除雪機の購入費を負担したり、電子黒板を贈ったり、高校生への奨学金給付などを行っている。また、小学校では忠兵衛の事績を学び「三方よし」について意見を述べ合ったりしている。

取材先 伊藤忠兵衛記念館
取材 2019/08/23
掲載先 リーダーシップ2019/10
本文 itohchubeh.pdf へのリンク

 ←1937(昭和12)年、古川鉄次郎が私財を投げ打って建設した豊郷小学校
 ▲ページトップへ